川越で大切なあの人を立派に見送る葬儀社・葬儀場案内サイト

川越で大切なあの人を立派に見送る葬儀社・葬儀場案内サイト

後悔しない葬儀社ガイド【川越編】 » 大切な人を見送るための葬儀準備まとめ » 葬儀の種類を知る

葬儀の種類を知る

故人の最期を見送る葬儀は、昔から行われてきた大切な儀式です。最近では、故人の希望や遺族の要望に合わせて新しい形式の葬儀が登場し、多様化しています。「どのような葬儀で故人を見送ろうか」と悩んでいる方のために、代表的な葬儀の種類を紹介しているので参考になれば幸いです。

最低限の費用でシンプルに故人を見送る直葬

直葬とは、通夜や告別式といった儀式を行わず、火葬のみを行う儀式のことです。

直葬のメリット

葬儀費用を抑えられることが直葬の1番のメリット。2017年に日本消費者協会が実施した葬儀についてのアンケート調査によると、一般的な葬儀の平均費用は約120万円だったそう。それに比べ直葬は20万円程度で行うことができ、約100万円の費用を削減できます。

葬儀を行わないため、告別式の日程や内容の打ち合わせ、通夜や葬儀での挨拶、参列者への連絡といったさまざまな準備の必要がありません。弔問客への挨拶や香典返しなどにも気を遣わなくていいので、精神的な負担も軽減できます。

直葬のデメリット

直葬は一般的な葬儀とは大きく異なる葬儀形式。周囲からの理解を得るのが難しかったり、故人の最後に立ち会えなかった方から不満の声があがったりすることがあります。直葬を選んだ方のなかには、きちんとした葬儀をしたらよかったと後悔している方もいらっしゃるそう。

費用や気持ちの負担を軽減でき、シンプルに故人を見送る直葬ですが、デメリットも考慮したうえで選ぶことが重要です。

ゆっくりと故人を見送る家族葬

家族葬とは、故人の家族と関係性の深い知人のみで行う小規模な葬儀のことです。故人が高齢の場合、参列できる友人が少ないことや、人付き合いが希薄化していることもあり、結果的に家族葬を選ぶ方も増えてきています。

家族葬のメリット

家族や親しい友人だけで静かに落ち着いて故人を見送れるのが家族葬の大きなメリットです。

葬儀に参列するのも身内のみなので、必要な準備や費用の負担を軽減できます。弔問客への挨拶周り・香典返しの用意といった用意も必要ありません。心の整理がつかない状態での精神的な負担を減らすことができるのも家族葬のメリット。小規模でも、きちんと葬儀をあげて故人を見送りたいという方におすすめです。

家族葬のデメリット

家族葬を選ぶ方が増えてきているとはいえ、まだまだ一般的ではなく、親族からの理解が得られなかったり、参列できなかった方から不満の声があがったりすることも…。葬儀後は、葬儀に来られなかった弔問客が自宅へ来訪するので、そのたびに対応しなくてはなりません。ゆっくりと故人とお別れできる家族葬ですが、その後の対応は意外と大変なようです。

故人との思い出を分かち合いながら見送る一般葬

一般葬とは、一般的に行われる伝統的な葬儀のこと。家族葬のように参列者を限定せず、親戚や友人、職場の方々など親交がある方に参列いただく、最も馴染み深い葬儀です。

一般葬のメリット

葬儀の参列者を限定しないため、故人と縁がある方々が個人と顔を合わせる最期の機会を用意することができます。また、一般葬で行う葬儀は、故人がお世話になった方々へ感謝の思いを伝えることができる大切な場です。一般葬なら、故人の最期の場をしっかり整えて見送ることができます

一般葬のデメリット

一般葬は、参列者が多く、葬儀場の規模も大きくなってしまうため、直葬と比べて多額の費用がかかってしまうのがデメリット。費用を抑えるためには、複数の葬儀社を比較することが重要です。同じ内容でも、葬儀社によって大きく費用が異なることもあります。

一般葬は弔問者への挨拶や受付対応、香典返しのなどの用意が必要です。直葬や家族葬と比べて葬儀当日の負担は大きいのですが、葬儀後の自宅への弔問対応を軽減することができます。

故人の最期を縁のあった方々としっかり見送りたいという方に最適な葬儀です。

【番外編】宗教による葬儀の種類・オリジナル葬

葬儀は故人が信仰する宗教・宗派によって、内容が大きく異なります。日本では仏教に基づいた葬儀が一般的。故人を見送る際、僧侶に読経してもらうのが仏式の特徴です。一方、神道で行われる葬式を神葬祭といい、斎場や自宅で神社の神官が執り行います。教会や斎場で神父や牧師によって執り行われるのがキリスト教の葬儀です。急な不幸での葬儀でも対応できるよう、故人の信仰する宗教・宗派を把握しておくようにしましょう。

故人らしさを演出するオリジナル葬

最近では宗教の儀礼方式や作法にのっとった葬儀ではなく、自由な形式で葬儀を行うオリジナル葬を選ぶ方も増えています。故人の趣味をモチーフにした祭壇を設けたり、思い出の品や写真を展示したり、故人らしさを大切にした無宗教の葬儀です。特に多いのは、故人が好んでいた音楽を流しながら葬儀を行う音楽葬。比較的新しい形式のため、親族からの理解を得られにくいのがデメリットですが、故人が音楽好きだったり、特に好きだった音楽があったりする場合は検討してみてはいかがでしょうか。

故人と縁のある方と見送る一般葬がおすすめ

葬儀は故人を見送る大切な儀式です。故人をしっかりと見送って気持ちの整理をつけたい方には、故人と縁のある方とともに見送ることができる一般葬をおすすめします。また、参列者との思い出話を通じて、自分の知らない故人の一面を知ることができるのも一般葬の魅力。故人との思い出をともに分かち合いながら、温かく見送ることができますよ。

こちらでは、川越にあるおすすめの葬儀社をこだわり別に紹介しています。故人を温かくお見送りしたい方はぜひ参考にしてください。

厳選!こだわり別に川越のおすすめ葬儀社を紹介>>

大切な人に最期の「おもてなし」を・・・

川越でおすすめの葬儀社3選

  • お別れは火葬場で…
    必要最小限の葬儀にしたい

    第一日典

    火葬式プラン82,620

    受けられるサービス2

    • 霊柩車
    • 寝台車
    • 遺影
    • 会葬
      礼状
    • 仏具
      一式
    • 位牌
      一式
    • 役所
      手続き

    火葬式プラン82,620

    受けられるサービス2

  • 良心価格で故人らしい
    立派な最期を飾りたい

    立ち華葬祭

    一般葬プラン300,000

    受けられるサービス8

    • 霊柩車
    • 寝台車
    • 遺影
    • 会葬
      礼状
    • 仏具
      一式
    • 位牌
      一式
    • 役所
      手続き

    一般葬プラン300,000

    受けられるサービス8

  • 大勢の参列者に囲まれて
    豪華な演出で見送りたい

    メモリード

    一般葬プラン900,000

    受けられるサービス5

    • 霊柩車
    • 寝台車
    • 遺影
    • 会葬
      礼状
    • 仏具
      一式
    • 位牌
      一式
    • 役所
      手続き

    一般葬プラン900,000

    受けられるサービス5